ジムに通って痩せやすい人、痩せにくい人

ジムに通って痩せやすい人、痩せにくい人


ジムに通っていても痩せないという方が多くいます。痩せるためにお金をかけてジムに通っているのに、痩せないなんて嫌ですよね。痩せないからジムに通うことをやめてしまう人もいます。

ついつい食べてしまう、運動の仕方が悪い、運動量が足りていないなど、ジムに通い運動をしていても痩せられない原因はあります。ここでは、痩せられない人に向けて痩せられない理由と痩せるためにやるべきことを説明します。

 

ついつい食べてしまう

痩せられない理由の1つとして、運動して消費したカロリーよりも多く食べてしまうことがあげられます。

「運動したご褒美にケーキ」「運動したからこれくらい食べても大丈夫」なんて自分に甘えていませんか?運動をしてもその分食べてしまっては意味がありません。ダイエットを成功させるコツとして「摂取カロリーより消費カロリーが多いこと」です

ダイエットにはある程度の食事制限が必要です。今までお菓子など、1日3食以上の食事をしていた方は、1日3食だけ食べるようにしましょう。また1日3食だった方は、ご飯の量を減らすなど少し食事を工夫するようにしましょう。
 

日頃から運動していた

ジムに通う前から自分で少し運動していた方は、ジムで運動しても運動量が前と変わらず痩せられないということがあります。

ジムだけの運動に頼らず、自分で行っていた運動も行うようにしましょう。それでも痩せない場合は、消費カロリーよりも摂取カロリーのほうが多いこともありますので食事の量を減らしてみましょう。
 

通う回数が少ない

ジムに週何回通っていますか?週1回、ジムに通っているという方は通う回数が少ないかもしれません。最低でも週2回は通うようにしましょう。

週1回しか通っていない場合、現状維持になってしまっていることが多いです。週2回通っている場合、食事の仕方によって痩せられるか痩せられないか分かれます。週2回通っていても痩せない場合は、食事の量を減らしてみましょう。週3・4回通っていると多少食べていても運動量が多いため、痩せていくケースが多いです。

どうしても痩せられないという方はジムに通う回数を増やしてみましょう。
 

運動の仕方が悪い

トレーニングの方法は、無酸素運動と有酸素運動にわけられます。痩せるためには、無酸素運動と有酸素運動を効率よく行う必要があります。

無酸素運動とはウェイトトレーニングや腕立て伏せ・腹筋運動などの筋肉トレーニングのことを指します。短時間で筋肉に負荷をかけて鍛えるため、長時間行う運動ではありません。

有酸素運動とは、ウォーキングやジョギングのように長期間続けていても疲れにくい運動のことを言います。主に脂肪の燃焼を促す運動方法で、20分以上行うことが好ましいと言われています。水泳も有酸素運動の1つで、有酸素運動の中でも水泳が最も消費カロリー量が多いためプールのあるジムでは水泳を行うといいでしょう。

痩せるためには偏った運動を行うのではなく、無酸素運動と有酸素運動を効率よく行うようにしましょう。順番としては無酸素運動を行った後に有酸素運動を行うことが好ましいです。
 

おわりに

このように、ジムに通っていても痩せられない理由があります。主に食事の摂り方が良くないというケースが多いです。痩せられない理由として初めに食生活を見なおしてみましょう。ダイエットを成功させるためには、摂取カロリーよりも消費カロリーが多いことです。運動量より食べている量のほうが多いか見直し、次にジムに通う回数を増やしたり運動の仕方を見直したりするようにしましょう。

水泳のあるジムなら、水泳は有酸素運動の中でも消費カロリー量が多いので水泳を行うようにしましょう。